北軽井沢で家族キャンプ フリーサイトが魅力!アースマイルビレッジ 

あそぶ

まめがら
まめがら

こんにちは!まめがらです♪

今日は北軽井沢にあるアースマイルビレッジというキャンプ場のレポートをしますね☆

9月中旬、群馬県の北軽井沢のアースマイルビレッジへキャンプにいきました。

家族4人(大人2人、中学生、幼稚園生)でこちらのキャンプ場を訪れましたが過ごしやすくておすすめのキャンプ場でした。

1日目は雨→くもり→晴れ

2日目、3日目は晴れ というお天気でした。

北軽井沢方面へキャンプへ行かれる方の参考にしていただけるようにアースマイルビレッジについてレポートします。

この景色はぜひ本物を見てほしい



アースマイルビレッジってどんなキャンプ場?

群馬県の北軽井沢の高原に2015年にオープンしたキャンプ場です。

「Earth(アース) = 地球 に帰って、Smile(スマイル) = 笑顔 になれる休日」を過ごしていただきたいという想いから、2つの言葉をつなげて「アースマイル」と名付けました。(HPより)

というコンセプトのキャンプ場。その言葉通り自然の大きさを感じて心穏やかに笑顔で数日間を過ごすことができました。

こちらのアースマイルビレッジ、実は冬はスキー場なんです。『プレジデントリゾート軽井沢併設スキー場「スノーパーク」』を夏のシーズンにキャンプ場としてオープンしています。

ゆるやかな斜面や広々とした平地のサイトは見晴らしがとてもよいです。晴れていれば朝から夕方までは雄大な浅間山の景色を見ながら過ごすことができます。

サイトは大きく3エリアに分かれています。車の乗り入れ料金は1泊2000円でした。乗り入れないプランもありパーキングが地図の青い部分にありました。

3つあるサイトそれぞれの特徴をまとめてみました。

Aサイト 斜面 車乗り入れ ⭕️ 芝生
Cサイト 平地 車乗り入れ ⭕️ 砂利と草
Fサイト 斜面 車乗り入れ ❌ 芝生

アクセス 買い出しなど

首都圏からは関越で渋滞なしでだいたい4時間ぐらいかかりました。

帰りは連休の最後の日と重なり渋滞で6時間かかりました。途中インターで夕飯を食べたりしながらゆっくり帰りました。

長野県と群馬県の県境にあり滞在中に観光に軽井沢(長野)までちょっと車でおでかけなど30分ほどの距離でアクセスしやすいです。

スーパーなどもその辺りまで行かないとないので買い出しは軽井沢周辺ですませてからキャンプ場へ向かうのをおすすめします。

軽井沢エリアで人気のおすすめスーパー「ツルヤ」の記事はこちらになります。軽井沢のツルヤスーパーおすすめオリジナル商品 甘いもの編

おやつやお土産の記事になっていますが普通のスーパーなのでお肉や野菜、キャンプで必要な食材はしっかりそろっていますよ。ぜひお立ち寄りください。

続いて利用したCサイトについて詳しくレポートします。

宿泊したCサイトについて

今回利用したのはCサイト。斜面のAサイトやFサイトはきれいな緑色の芝生でしたが、Cサイトは緑の芝生ではなく草は生えていますが砂利も見える程度でした。

スキーシーズンにはおそらく駐車場の部分だと思われます。地面は少し硬めですが鋳造のペグは問題なく打つことができました。

芝生がきれいに生えそろっていると今回のように少し雨がふったりすると翌朝でもくつがびしょびしょになってしまったりするので水はけのよいこちらのサイトはとてもよかったです。

平地が広くて見晴らしがよいので自分たちのサイトへ戻る時に大人も子供も迷子になりにくくて安心感がありました。

先ほど触れましたが雄大な浅間山を目の前に過ごすのはとても気持ちがいいです。自然の中で絵や写真ではない本物の山の景色を一日中堪能することでこんなにも心が豊かになるんだ〜と贅沢なひと時を過ごすことができました。

夕暮れ時の浅間山
 朝の浅間山

アースマイルビレッジおすすめポイント3点と注意点

宿泊してみてよかったポイント3点と注意点はこちら!

おすすめポイント1 広々したサイト

アースマイルビレッジはフリーサイト(区画になっていない)なので広々とした空間で過ごせる所がとてもよかったです。テントやタープを好きな向きで自由にはれる、おとなりさんとの距離が近くないので子連れでも気を使い過ぎずリラックスできました。

テントやタープも余裕をもってはれているので子供がペグやロープにつまづくということもほぼなくて安心して過ごせました。

1日目はテントの数が少なかったので非常にのびのびしていました。2日目は結構テントが増えていましたが、それでもとなりが近い、という感じはなく間隔はかなりあいている印象で快適に過ごすことができていました。

1日目 かなりすいてました
2日目 テントが少し増えたけどこのぐらい

おすすめポイント2 お湯の出る流し場とゴミ出し

流し場ではお湯が使えます。これはかなりポイント高いですよね!?

キャンプ場の流し場って水が冷たくて手がかじかむ〜ということあります。特に夜や早朝は。

そして冷たい水だと食器についた油がなかなかとれなかったりするので

アースマイルビレッジでの食器洗いはお湯が使える点は本当に助かりました。

ちなみ外には水だけの流し場もありますのでタンク用の水をくんだりさっとすませるにはこちらも便利です。

ゴミは缶、瓶はわけますが、ペットボトル、生ゴミ、プラ、などはキャンプ場でもらった袋にまとめていれます。わかりやすい分別ルールがありますのでしっかりと分けて捨ててくださいね。

ゴミ収集場の前にはコンロや焚き火台の洗い場があります。これはとても便利!シャワーヘッドになっていて使い勝手もよかったです。

おすすめポイント3 広くて清潔なトイレ

管理棟の中に広いトイレがあります。ドライアーもおいてあり無料で使うことができます。大きな鏡があるので朝の身支度などもしっかりできます。女性にはありがたいですよね。

トイレは外にも3箇所(うち1つは女性専用トイレ)ありました。中は広くてハンドウォッシュ、水道もあります。

トイレに関してはたくさんあるので並んだり待つ必要は全然ありませんでした。

注意ポイント 温泉について

キャンプ場にはシャワーはありません。その点だけ惜しい!という感じですが、徒歩3分の距離にあるホテルの温泉を利用できることになっています。

ですが、コロナの影響で今回は使うことができなくなっていましたのでスタッフの方に教えて頂いた他の温泉を利用することになりました。

利用したのはルグラン軽井沢ホテル&リゾートの中にある八風温泉です。とてもきれいな施設で結婚式などもできるホテルでした。

温泉も高級感があってとってもきれいでした。露天風呂もあって木々を眺めながらゆったり入ることができて気持ちよかったです。

ただ入場料金はお高めでした。値段は季節により変動したりオムツのとれていない子供の入浴ができないなどの注意事項もあるようなので事前に電話で確認してから行くことをおすすめします。

軽井沢の日帰り温泉 八風温泉 | ルグラン軽井沢ホテル&リゾート
軽井沢の日帰り温泉「天然の湯 八風温泉」。大浴場、露天風呂、壺湯、水風呂、サウナを備えた天然温泉施設です。碓氷軽井沢IC、軽井沢駅から車で約15分。ルグラン軽井沢ホテル&リゾート内。大自然に囲まれた贅沢な湯浴みを、立ち寄り湯として気軽にお愉しみいただけます。

こどもが遊べる遊具

キャンプ場には子供が楽しめる遊具があります。また広い原っぱで持ってきたおもちゃなどで遊ぶこともできます。そして夜に現れたかわいい生き物とは・・・?

ブランコ

小高い丘の上におおきなブランコがあります。きっと冬のスキーウェアで座る仕様なんだと思いますが背もたれがあり、座面が広くて高さもとっても大きいです(笑

普通のブランコより重みがあるので小さい子が自分でこぐのはだいぶ大変!押してもらうのがいい感じでした。いつも誰かしら子供がきて大人や大きい子供に押してもらって楽しんでましたよ。

アスレチック

ブランコのすぐそばにはアスレチックとツリーハウスがあります。ジップスライドやアスレチックは意外とスリルがあるので少し大きい子供も楽しく遊べます。

ジップスライド!!

ツリーハウスは3階まであがれます。上から見る景色は新鮮です。

奥にあるのがツリーハウス

細い丸太は結構高さがあったり小さい子はちょっとこわいかも。埋め込まれたタイヤを渡るアスレチックは小さな子供も安心。

意外とスリルのアスレチック
小さい子も安心♪

アースマイルビレッジは冬はスキー場だった!

冬のスキー場を思い起こさせる道具があちらこちらで見られるのも楽しいです。リフトはとてもわかりやすい!これはスキーやスノボを置くラックだね!とか窓からのぞくレンタルのスキーブーツたち。

リフトだ!
カラフルなボードラック

ここはきっとこどもゲレンデだから立って乗るリフトがこれだね、ちょっと段差があるのを見て冬はここまで雪が積もるのかぁ〜など、本来は雪のゲレンデを夏に訪れることでこどもたちも色々想像して楽しんでいました。

こんなところにゴンドラもあるよ

広さを利用して遊ぼう!

サイトは広々としているのでそこでバドミントンをしたりラジコンをして遊んでるこどももいました。

花火はできるエリアが決まっていて管理棟のそばの広場で夜9:00までできます。

夜のキャンプ場に

夜になると美しい星空を眺めることができます。くもがなければ月がとても明るくて焚き火と共にゆったりとした静かな夜の時間を楽しむことができました。

そして夜ランタンを持ってみんなでトイレへむかっていると足元になにやらもぞもぞ動く影が!!と思って照らしてみると体長10センチぐらいのカエルが数匹!!

結構大きくてキャッ!!っと声が出てしまいましたが仲間たち?でゆっくり移動していく姿はよくみるとユーモラスで可愛げがありました。夕闇の中踏んづけなくてよかったです。

夜の移動の際には足元に気をつけてね!!

9月中旬のお天気 北軽井沢エリアの気候は?

服装の目安

基本、ボトムスは長いパンツでした。表はトップスの服装の参考にしてみてください。

  ノーマルさん 寒がりさん
半袖 長袖
日中 半袖 半袖
夕方〜夜 半袖+ウィンドブレーカー 半袖か長袖+パーカー+ウィンドブレーカー

気温は同じ9月であっても前半、後半でかなり違います。わたしたちが訪れた中旬もその時々により違うので絶対ではありません。あくまでも目安になります。

アースマイルビレッジのホームページには月ごとのお天気や服装の情報ものっていますので合わせてご覧ください。

雨の初日

テント設営時間は小雨で気温は結構低く半袖の上にウィンドブレーカーやパーカーを着てちょうどよいぐらい。

夜は寒がりの場合は長袖シャツ、パーカー、ウィンドブレーカーと3枚着ていました。

足元は長靴を持参。長靴はかさばるので荷物になりますが、キャンプ場では雨の場合は必須アイテムだと思います。あって正解!

よく晴れた2〜3日目

朝はひんやりしてわたしや子供は長袖がちょうどよく、夫は半袖でした。日中は気温がかなり上がって全員、半袖でないと暑い!というぐらいでした。

夕方。日中は暑いぐらいに晴れた日でもひんやりし始めてやはり夕方は羽織りものが必要でした。夜は重ね着しました。

9月の首都圏ではまだ出番は全くないであろう起毛のパーカーやフリースも持って行きましたがあってよかったです。子供は厚着が面倒だったりするので半袖の上から1枚着れば暖かいトップスは重宝しました。

夜中の夜露

夜中に雨が降ったわけではないですが、朝起きると車がすっかり夜露で覆われていました。

よくみるとタープの内側にも夜露がしっかりついていました。服や頭がすれると普通に濡れます。ゆらすとぽたぽた落ちるぐらいなので気をつけないと椅子やテーブルなどが濡れます。

タープの下においてある椅子やテーブルを移動させて水滴をはらうか、お昼前になって気温が上がって乾くのを待つか、という感じです。

気温が上がれば午前中、お昼前までにはしっかりと乾いていました。

ただ夜中は椅子などたたんでおいた方がよかったです。開いたまま置いていたのはタープの下でも少し湿っていました。

しっかり晴れて気温が上がってくれば、最終日にはテントのロープなどで寝袋やグランドマットなどは干しておくと帰宅してからが楽です。

寝袋は干せると帰ってからが楽!!

アースマイルビレッジ その他の情報

料金などはアースマイルビレッジのホームページでご確認くださいね。

アースマイルビレッジ | 北軽井沢 | Earth Smile Village | 軽井沢 | 日本
「Earth Smile Village (アースマイルビレッジ)」は、長野県と群馬県の県境にある北軽井沢のプレジデントリゾート軽井沢「スノーパーク」のグリーンシーズンに期間限定オープンするアウトドアフィールドです。 浅間山と大きな空のもと、ナチュラルな休日をお過ごしください。

スタッフの方々はとてもフレンドリーで親切に色々教えてくれていました。

売店ではアウトドア雑貨など販売しています。飲み物の自動販売機は外にありました。わたしたちが行ったときには薪は管理事務所のそばに売っていました。

うちは利用しませんでしたがペット連れもOKでドッグランもあるようです。料金はご確認くださいね。

バイクの方も結構いてソロキャンプもかっこいいな〜とこどもたちは遠巻きに眺めていました!

まとめ

北軽井沢のアースマイルビレッジは広々としたサイトでゆったりのんびり過ごせるキャンプ場でした。

雄大な浅間山の風景は必見です。焚き火と共に見上げる夜の星空は昼間とは違った自然の大きさを感じさせてくれます。

お友達と行くグループキャンプもよいけど、自分たちのペースでゆっくり過ごせるファミリーキャンプもおすすめです。

帰りに軽井沢エリアに立ち寄れるのも嬉しいポイント。

帰宅前に軽井沢のお気に入りのカフェでランチとお茶をして今回のキャンプはおしまい。

家族の最高の思い出がまたひとつ増えた2泊3日でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました